ザリーナ

Dead by Daylight

【DBD】実は「人々のために」はかなり強いパークなんじゃないか?

キラーをやっていて思うことは、全体のために自身の身を呈する行動が取れるサバイバーは非常に厄介だということ。無釣りであればセルフケアにかまけず発電機を回し、後がない仲間が居れば肉壁に入り、キャンプ気味のキラーが居ても、時間を稼ぐために釣り交換も厭わない。

結局は発電機を回され、トンネルを防がれ平均釣りを強要されている状況がキラーにとって最も宜しくない。そう考えるとあるパークが候補に入ってくる。

ザリーナ・カッシルの固有パーク、「人々のために」だ。

 

「人々のために」の効果

人々のために

「人々のために」は他者の健康状態を一段階、一瞬で回復させるパークだ。

ただし使用者は健康状態でしか使用できないという制限に加え、自身が負傷状態になる+最低90秒間負傷状態から健康状態になれないという衰弱効果まで付与される非常にリスクがあるものとなっている。

 

甲斐 FLANKY
生存率に直結するリスクだから、かなり上級者向けのパークだね!

 

使いどころ

サバイバー3

使いどころ

  • 救助後キラーが接近し、治療できない場合
  • 2人以上ダウンした際の応急処置
  • パーク「怨恨」対策

多くのキラーはサバイバーの人数を削ろうと動いてくる。ずさんな肉屋で重傷を負わされていたり、ピエロ恐怖症などで治療が遅延されている時など、キラーが戻ってくる前に治療を終えることができないことも多いが、そういった時に真価を発揮する。

特にもう後がない2釣りの状態なら惜しむ事なく使い、自分が狙われるような動きをするとチーム全体の戦力を維持できるためサバイバーにアドバンテージがある状況を継続できる。同時ダウン、同時釣りが起こってしまった場合も積極的に使用しよう。

 

甲斐 FLANKY
チェイス中の味方に使いたい場合、その味方板や窓を乗り越えた直後に使おう。硬直時間が少しあるため、無理やり治療アクションを起こせるぞ。

 

真価を発揮しないシチュエーション

強力な効果と引き換えにリスクを冒すパークなので前半に自身が集中的に狙われ追い込まれた場合、余程のことがない限り使用することは控えた方が良いだろう。

負傷状態をバラ撒くことが得意なリージョンや、回復できない衰弱効果を付与してくるプレイグとはあまり相性が良いとは言えない。

またデボアは発生している時は人々のためにを使用しても意味がないため、トーテムを破壊してから使うべきだ。

 

甲斐 FLANKY
出血はしないので鬼やツインズ相手には有効だぞ!あとはデッドハードと逆境魂のためにあえて負傷になるという選択肢もある。

-Dead by Daylight